AWS Elastic Beanstalk –アプリケーションのデプロイが簡単に

このAWSElastic Beanstalkチュートリアルは、AWS ElasticBeanstalkを使用してAWSクラウドにウェブアプリケーションをデプロイする方法を理解するのに役立ちます。

もはやその初期段階ではありません。今では十分に確立されており、は革新的なプラットフォームとして機能し、企業が従来のインフラストラクチャでは提供できないアプリケーションを実装できるようにします。この成功は、指数関数的な増加を伴いました 、PaaSはその1つです。 Amazonは、PaaSモデルに準拠した独自のサービスを開始しました。 AWS 弾力性のある豆の木!



このAWSBeanstalkの記事で取り上げられているトピックを見てみましょう。



  1. Amazon Elastic Beanstalkとは何ですか?
  2. AWS ElasticBeanstalkのメリット
  3. AWS ElasticBeanstalkコンポーネント
  4. AWS ElasticBeanstalkアーキテクチャ
  5. デモ–Beanstalkにアプリケーションをデプロイする

Amazon Elastic Beanstalkとは何ですか?

ElasticBeanstalk-Elastic Beanstalk-Edureka

クラウドコンピューティングは、アプリケーション開発プロセス全体を再構築しています。を含む多くのクラウドベンダーアマゾンウェブサービスとMicrosoftAzureは、プロセスをよりシンプルで安全にするための開発ツールを提供します。 AWS Elastic Beanstalkは、PaaSモデルに基づいて実装されたそのような開発ツールの1つです。



AWS ElasticBeanstalkは Java、.NET、PHP、Node.js、Python、Ruby、Go、Dockerで開発されたWebアプリケーションとサービスを、Apache、Nginx、Passenger、IISなどの使い慣れたサーバーにデプロイおよびスケーリングするための使いやすいサービス。

AWS Elastic Beanstalkを使用すると、開発者は、高可用性を維持しながら、基盤となるインフラストラクチャをプロビジョニングせずにアプリケーションをデプロイできます。 Elastic Beanstalkの詳細については、次のビデオをご覧ください。

AWS ElasticBeanstalkチュートリアル|エドゥレカ

しかし、すでに他の多くのプラットフォームがあるのに、なぜElasticBeanstalkを選択するのでしょうか。それでは、ElasticBeanstalkの利点について説明しましょう。



AWS ElasticBeanstalkのメリット

以下は、AWS ElasticBeanstalkが他のPaaSサービスよりも優れている点です。

スピード-エラスティックビーンズトーク-エドゥレカより迅速な展開を提供します: Elastic Beanstalkは、開発者にアプリケーションをデプロイするための最速かつ最も簡単な方法を提供します。数分以内に、ユーザーが基盤となるインフラストラクチャやリソース構成を処理しなくても、アプリケーションを使用できるようになります。

ロゴ-ElasticBeanstalk-EdurekaMをサポートulti-テナント建築: AWS Elastic Beanstalkを使用すると、ユーザーは高いスケーラビリティとセキュリティを備えたさまざまなデバイス間でアプリケーションを共有できます。アプリケーションの使用状況とユーザープロファイルの詳細なレポートを提供します。

ロゴ-ElasticBeanstalk-Edureka操作を簡素化します。 Beanstalkは、インフラストラクチャをプロビジョニングおよび運用し、アプリケーションスタックを管理します。開発者は、サーバー、データベース、ファイアウォール、およびネットワークの管理と構成に時間を費やすのではなく、アプリケーションのコードの開発に集中する必要があります。

完全なリソース制御を提供します: Beanstalkはdeを与えますベロパーAWを選択する自由Sリソース、 EC2インスタンス タイプ、それは彼らのアプリケーションに最適です。これにより、開発者はAWSリソースを完全に制御し、いつでもそれらにアクセスできます。

AWS Elastic Beanstalkが開発者に好まれる理由を信じる確かな理由があるので、その基本的な概念を見てみましょう。

認定されたAWSアーキテクトになりたいですか?

AWS ElasticBeanstalkコンポーネント

Beanstalkにアプリケーションをデプロイするときに頻繁に遭遇する特定の重要な概念があります。それらの概念を見てみましょう。

応用:

  • Elastic Beanstalkのアプリケーションは、概念的にはフォルダーに似ています
  • アプリケーションは、以下を含むコンポーネントのコレクションです。 環境、バージョン そして 環境構成

アプリケーションバージョン:

  • アプリケーションバージョンとは、Webアプリケーションのデプロイ可能なコードの特定のラベル付きイテレーションを指します
  • アプリケーションバージョンは、JavaWARファイルなどのデプロイ可能なコードを含むAmazonS3オブジェクトを指します

環境:

  • Elastic Beanstalkアプリケーション内の環境は、アプリケーションの現在のバージョンがアクティブになる場所です
  • 各環境は、一度に1つのアプリケーションバージョンのみを実行します。ただし、同じバージョンまたは異なるバージョンのアプリケーションを多くの環境で同時に実行することは可能です。

環境層:

要件に基づいて、beanstalkは2つの異なる環境層を提供します。Webサーバー環境、労働者環境

  • Webサーバー環境 ハンドルクライアントからのHTTPリクエスト
  • ワーカー環境:プロセスリソースを消費し、時間のかかるバックグラウンドタスク

これがその方法を示す図ですアプリケーション、アプリケーションのバージョンと環境互いに関連する:

そして、デフォルトのコンテナタイプを使用するBeanstalk環境は次のようになります。


Elastic Beanstalkに関連するさまざまな重要な概念について理解したところで、ElasticBeanstalkのアーキテクチャを理解しましょう。

AWS ElasticBeanstalkアーキテクチャ

AWS Elastic Beanstalkアーキテクチャに入る前に、よくある質問に答えましょう。

主キーの制約は何ですか

Elastic Beanstalk環境とは何ですか?

環境とは、アプリケーションの現在のバージョンを指します。アプリケーションの環境を起動すると、Beanstalkは、2つの異なる環境層(Web)から選択するように求めます。 サーバ 環境 または 労働者環境 。それらを一つ一つ理解していきましょう。

Webサーバー環境

Webサーバー環境にインストールされているアプリケーションバージョンは、クライアントからのHTTP要求を処理します。次の図は、Webサーバー環境層のAWS Elastic Beanstalkアーキテクチャの例を示し、そのタイプの環境層のコンポーネントがどのように連携するかを示しています。

Beanstalk環境 –環境はアプリケーションの中心です。環境を起動すると、Beanstalkはアプリケーションを正常に実行するために必要なさまざまなリソースを割り当てます。

弾性ロードバランサー –アプリケーションがクライアントから複数のリクエストを受信すると、AmazonRoute53はこれらのリクエストをElasticLoadBalancerに転送します。ロードバランサーは、Auto ScalingGroupのEC2インスタンス間でリクエストを分散します。

オートスケーリンググループ – Auto Scaling Groupは、アプリケーションの負荷の増加に対応するために、追加のAmazonEC2インスタンスを自動的に開始します。アプリケーションの負荷が減少すると、Amazon EC2 Auto Scalingはインスタンスを停止しますが、常に少なくとも1つのインスタンスを実行したままにします。

ホストマネージャー –これは、アプリケーションに割り当てられているすべてのEC2インスタンスで実行されるソフトウェアコンポーネントです。ホストマネージャーは、次のようなさまざまなことに責任があります。

  • アプリケーションログファイルの生成と監視
  • インスタンスレベルのイベントの生成
  • アプリケーションサーバーの監視

セキュリティグループ –セキュリティグループは、インスタンスのファイアウォールのようなものです。 Elastic Beanstalkにはデフォルトのセキュリティグループがあり、クライアントがHTTPポート80を使用してアプリケーションにアクセスできるようにします。また、データベースサーバーに対してセキュリティグループを定義できるオプションも提供します。以下の画像は、Webサーバー環境について学んだことをまとめたものです。

これで、Webサーバー環境について説明しました。しかし、Webサーバー層にインストールされたアプリケーションバージョンが、要求の処理中に時間とリソースを消費するタスクに遭遇したために、複数の要求を拒否し続ける場合はどうなるでしょうか。さて、ここでワーカー層が登場します。

「クラウド」の知識を次のレベルに引き上げたいですか?

労働者環境

ワーカーは、リソースと時間のかかる操作を処理することでWebサーバー層を支援する独立したバックグラウンドプロセスです。さらに、通知を電子メールで送信し、レポートを生成し、データベースをクリーンアップします。これにより、アプリケーションは応答性を維持し、複数のリクエストを処理できます。

それは素晴らしいことですが、ワーカープロセスはどのタスクをいつ処理するかをどのように知るのでしょうか。これらの2つの環境層はどのように通信しますか?そのために、AWSコールAmazon Simple Queue Service(SQS)によるメッセージキューイングサービスを使用します。以下の画像は、ワーカープロセスがバックグラウンドタスクを受信して​​処理する方法の大まかなアイデアを示しています。

ワーカープロセスのワークフローはかなり単純です。ワーカー環境層を起動すると、ElasticBeanstalkはAutoScalingグループの各EC2インスタンスにデーモンをインストールします。デーモンは、AmazonSQSキューから送信されたリクエストをプルします。キューの優先度に基づいて、SQSはメッセージを役職ワーカー環境のHTTPパスへのリクエスト。受け取った労働者メッセージはタスクを実行し、操作が完了するとHTTP応答を送信します。応答メッセージを受信すると、SQSはキュー内のメッセージを削除します。応答の受信に失敗した場合、メッセージの送信を継続的に再試行します。

Elastic Beanstalkを理論的に見てきたので、このブログの残りの部分では、ElasticBeanstalkにアプリケーションをデプロイする方法を説明します。

ElasticBeanstalkにアプリケーションをデプロイする

Elastic Beanstalkにアプリケーションをデプロイするのは、かなり簡単なプロセスです。アプリケーションを段階的にデプロイする方法を見てみましょう。

ステップ1: ElasticBeanstalkコンソールでをクリックします 新しいアプリケーションを作成する オプション。アプリケーションの名前と適切な説明を入力できるダイアログボックスが表示されます。

ステップ2: アプリケーションフォルダが作成されたので、をクリックして [アクション]タブ 選択します 環境を作る オプション。 Beanstalkには、アプリケーション用に複数の環境を作成できるオプションが用意されています。

ステップ3: 2つの異なる環境層オプションから選択します。アプリケーションでHTTP要求を処理する場合は、Webサーバー環境を選択するか、バックグラウンドタスクを処理するためにワーカー環境を選択します。

ステップ4: 別のダイアログが表示され、アプリケーションのドメイン名と説明を入力する必要があります。

ステップ5: アプリケーションに適したプラットフォームを選択してください。 Elastic Beanstalkは、複数のオプションを提供します。 Beanstalkが提供するサンプルアプリケーションを選択するか、アプリケーションのコードを含むファイルをアップロードできます。

Beanstalkは、環境を起動するのに数分かかります。環境が起動すると、ナビゲーションペインに、アプリケーションの構成を変更したり、ログファイルを表示したり、イベントを表示したりできる複数のオプションが表示されます。すでに環境ページを表示しているので、Beanstalkが提供するさまざまな機能を調べてみてください。

C ++の例での関数のオーバーロード

ステップ6: 右上隅に、アプリケーションバージョンのURLがあります。そのURLをクリックします。 ElasticBeanstalkでアプリケーションが正常に起動したことを確認するページが表示されます。

おめでとう! これで、Elastic BeanstalkPlatformにアプリケーションが正常にデプロイされました。

これで、Elastic Beanstalkと、Beanstalkを使用してアプリケーションをデプロイする方法を明確に理解できたと思います。

だからこれだ!このブログがあなたの知識に有益で付加価値があることを願っています。アマゾンウェブサービスの知識を次のレベルに引き上げることに興味がある場合は、 Edurekaによるコース。

質問がありますか? 「AWSElasticBeanstalk」のコメントセクションにその旨を記載してください。できるだけ早くご連絡いたします。