プロジェクト品質管理–プロジェクト品質を最適化する方法

プロジェクト品質管理に関するこの記事では、プロジェクト内で品質を管理する方法と、それに関連するさまざまなプロセス、入力、ツール、手法、および出力について説明します。

品質は、サイズに関係なく維持する必要があるものです 。プロジェクトは、顧客のすべてのニーズと要件を満たすことができる場合にのみ成功したと見なされます。しかし、プロジェクトマネージャーは、自分のプロジェクトが目的の品質の製品を生産することをどの程度正確に保証しているのでしょうか。さて、これはプロジェクト品質管理が適合し、最適な品質結果を提供するのに役立つ場所です。この記事の媒体を通して、プロジェクトの品質管理がどのように実行され、それに関連するプロセスについて完全な洞察を提供します。

以下はトピックです。このプロジェクト品質管理の記事で取り上げます。





また、プロジェクト品質管理の記録を確認することもできます。 の専門家 概念を詳細に説明しました。

プロジェクト品質管理PMBOK6 | PMPトレーニングビデオ|エドゥレカ

記事を始めましょう!



プロジェクト品質管理

による
プロジェクト品質管理は、プロジェクトの管理とプロジェクトの成果物に対応します。

プロジェクトの品質管理は、の10の知識領域の1つです。 。この知識領域は、プロジェクトの品質の制御と管理に専念しています。

PQM-プロジェクト品質管理-Edureka

しかし、正確には何をしますか 品質 平均?



さて、最も詳細なレベルでは、品質はどのように正確な結果は、提供されたターゲットに対するものです。プロジェクト管理の観点から、品質とは、すべての顧客のニーズと要件を満たすことを意味します。現在、プロジェクトの品質は多くの場合、次の用語で定義されています。

  • 検証: それは製品が合意されたニーズを満たしていることの保証。
  • 検証: それはプロジェクトの要件を満たすために必要なコンプライアンス。
  • 精度: それは繰り返し可能な対策は、厳密にグループ化されています。
  • 正確さ: それはメジャーの実際の値への近さ。
  • 許容範囲: それは許容できる結果のウィンドウ。

したがって、プロジェクト品質管理は、必要なプロジェクト品質を特定し、それを評価および管理し、最終的に特定のプロセスおよびアクティビティを通じて最適な結果を達成することを目的としています。望ましい結果を得るために、 品質管理の次の3つの重要な概念に注意を払う必要があります。

  1. 顧客満足
  2. 検査の防止
  3. 継続的改善

これらの概念は、顧客が何を望んでいるか、実際に何を必要としているかを正確に見積もるのに役立ちます。これらを明確に理解すると、プロジェクトの品質を簡単に管理できます。

apache spark vs hadoop mapreduce

これで、プロジェクトの品質のさまざまな側面に精通しているので、次のステップは、プロジェクトの品質管理計画を実施することです。しかし、それに踏み込む前に、プロジェクト品質管理の重要性または利点を理解する必要があります。

品質管理のメリット

以下に、優れたプロジェクト品質管理を行うことの主な利点をいくつか示します。

  • 一貫性のある製品: 品質管理は、企業が製品の信頼性、耐久性、およびパフォーマンスを向上させます。これにより、不満率が最も低く、より一貫性のある製品が得られます。
  • 効率の向上: 品質管理は、製品の品質を保証するだけではありません。 ISO 9001のようなセクションの下で、プロジェクトチームが従うことも保証します明確なコミュニケーション構造、すべての部門にわたるタスク、および責任。これにより、従業員の士気が高まり、従業員のパフォーマンスと効率が向上します。
  • 顧客満足度の向上: 適切な品質管理により、最終的な成果物がすべての顧客の要件を満たし、顧客の満足を得ることが保証されます。顧客満足度が高いほど収益が高くなり、その結果、製品が競合他社と一線を画します。
  • コストの管理: さまざまな組織も実装しています TQM (総合的品質管理)改善の主要な領域を特定するのに役立つ実践。 TQMの一貫した体系的な実装により、コストコストが削減され、利益が増加します。
  • リスクの軽減: 優れた品質管理により、角を切る可能性も減少します。したがって、製品の故障のリスクが大幅に減少し、組織が長期的な経済的損失から救われます。
  • 臨時作業の削減: すべてのタスクとアクティビティの品質は常に監視されており、それらの品質係数がより強調されているため、保証請求によって発生するアドホックタスクは大幅に削減されます。これは、最適な品質で製品を時間どおりに納品するのに役立ちます。

プロジェクトの品質管理プロセス

プロジェクトの品質管理は、次の3つのプロセスで構成されます。

1.品質管理を計画する

計画の品質管理は、プロジェクトの品質管理プロセスの最初のステップです。このステップでは、通常、プロジェクトの必要な品質とその最終成果物を特定し、プロジェクトがそれらをどのように満たすかについての議事録を文書化します。計画の品質管理プロセスは、プロジェクトのライフサイクル全体を通じてプロジェクトの品質を維持および検証する方法に関する適切なパスとガイダンスを提供します。

このプロセスに関連するさまざまな入力、ツール、手法、および出力があり、以下の表にリストされています。

入力 ツールとテクニック 出力
  1. プロジェクト計画書
  2. プロジェクト管理計画
    • 要件管理計画
    • リスク管理計画
    • 利害関係者の関与計画
    • スコープベースライン
  3. プロジェクトドキュメント
    • 仮定ログ
    • 要件ドキュメント
    • 要件トレーサビリティマトリックス
    • リスク登録
    • 利害関係者登録
  4. 企業の環境要因
  5. 組織プロセス資産
  1. 専門家の判断
  2. データ収集
    • ベンチマーク
    • ブレーンストーミング
    • インタビュー
  3. データ分析
    • 費用便益分析
    • 品質のコスト
  4. 意思決定
    • 多基準意思決定分析
  5. データ表現
    • フローチャート
    • 論理データモデル
    • マトリックス図
    • マインドマッピング
  6. テストと検査の計画
  7. ミーティング
  1. 品質管理計画
  2. 品質メトリクス
  3. プロジェクト管理計画の更新
    • 学んだ教訓登録
    • 要件トレーサビリティマトリックス
    • リスク登録
    • 利害関係者登録

2.品質を管理する

プロジェクトの品質管理の2番目のプロセスは、品質の管理です。このプロセスでは、品質管理計画が実行可能な品質タスク/アクティビティの形で実行されます。これらの品質活動は、組織のさまざまな品質方針と基準をプロジェクトに組み込んでいます。これを実行する主な理由は、問題のある領域とプロセスの品質が低い理由を特定しながら、プロジェクトの品質目標を達成する可能性を高めるのに役立つためです。このプロセスは、 実行されているプロセスがプロジェクトの必要な品質を十分に満たすようにします。

このプロセスに関連するさまざまな入力、ツールと手法、および出力を以下の表に示します。

入力 ツールとテクニック 出力
  1. プロジェクト管理計画
    • 品質管理計画
  2. プロジェクトドキュメント
    • 学んだ教訓登録
    • 品質管理測定
    • 品質メトリクス
    • リスクレポート
  3. 組織プロセス資産
  1. データ収集
    • チェックリスト
  2. データ分析
    • 代替分析
    • ドキュメント分析
    • プロセス分析
    • 根本原因分析
  3. 意思決定
    • 多基準意思決定分析
  4. データ表現
    • 親和性図
    • 原因と結果の図
    • フローチャート
    • ヒストグラム
    • マトリックス図
    • 散在する図
  5. 監査
  6. Xのデザイン
  7. 問題解決
  8. 品質改善方法
  1. 品質レポート
  2. テストおよび評価ドキュメント
  3. 変更リクエスト
  4. プロジェクト管理計画の更新
    • 品質管理計画
    • スコープベースライン
    • スケジュールベースライン
    • コストベースライン
  5. プロジェクトドキュメントの更新
    • 問題のログ
    • 学んだ教訓登録
    • リスク登録

3.品質管理

これは、さまざまな品質管理活動の実行結果を一貫して監視および記録する、プロジェクト品質管理の3番目で最後のプロセスです。これは、プロジェクトのパフォーマンスを評価し、最終的な成果物が完全であり、顧客/利害関係者の要件を満たしていることを確認するのに役立ちます。ここで、品質管理プロセスは、プロジェクトの出力を監視して、意図したとおりに機能しているかどうかを判断します。このプロセスは、プロジェクトの出力が組織の標準と規制、顧客の要件、および仕様に完全に適合することを確認しながら、プロジェクト全体で実行されます。

プロジェクト管理品質は、さまざまなもので構成されています以下の表にリストした入力、ツールとテクニック、および出力:

入力 ツールとテクニック 出力
  1. プロジェクト管理計画
    • 品質管理計画
  2. プロジェクトドキュメント
    • 学んだ教訓登録
    • 品質メトリクス
    • テストおよび評価ドキュメント
  3. 承認された変更要求
  4. 成果物
  5. 仕事のパフォーマンスデータ
  6. 企業の環境要因
  7. 組織プロセス資産
  1. データ収集
    • チェックリスト
    • チェックシート
    • 統計的サンプリング
    • アンケートと調査
  2. データ分析
    • パフォーマンス・レビュー
    • 根本原因分析
  3. 検査
  4. テスト/製品評価
  5. データ表現
    • 原因と結果の図
    • 管理図
    • ヒストグラム
    • 散布図
  6. ミーティング
  1. 品質管理測定
  2. 検証済みの成果物
  3. 仕事のパフォーマンス情報
  4. 変更リクエスト
  5. プロジェクト管理計画の更新
    • 品質管理計画
  6. プロジェクトドキュメントの更新
    • 問題のログ
    • 学んだ教訓登録
    • テストおよび評価ドキュメント

これで、プロジェクトの品質管理に関するこの記事は終わりです。これで、品質がプロジェクトに与える影響と、その適切な管理が必要な理由を明確に理解できたと思います。このブログでは、プロジェクトの管理に関係する知識領域の1つだけを取り上げました。あなたがについてもっと知りたいなら または あなたは私の他をチェックすることができます ' 同じように。

再帰フィボナッチc ++

この「プロジェクト品質管理」を見つけた場合 」関連記事、 チェックアウト 25万人以上の満足した学習者のネットワークを持つ信頼できるオンライン学習会社であるEdurekaが世界中に広がっています。

質問がありますか?このコメントセクションでそれを言及してください プロジェクト品質管理の記事 折り返しご連絡いたします。