Excelの数式と関数とは何ですか?それらの使用方法は?

Excelの数式と関数は、データを管理するための構成要素です。数式の記述、コピー/貼り付け、非表示の方法を学びます。IF、COUNTIF、SUM、DATE、RANK、INDEX、FV、ROUNDなど

データは、実際に作業できる場合にのみ使用されるようになり、 Excel は、独自の方程式を作成する場合でも、組み込みの方程式を使用する場合にも、非常に便利なツールの1つです。この記事では、これらのExcel数式と関数を実際に操作する方法を学習します。

ここで説明されているトピックを簡単に見てみましょう。





数式とは何ですか?

一般に、数式は、シンボルの観点からいくつかの情報を表す凝縮された方法です。 Excelでは、数式はExcelシートのセルに入力できる式であり、その結果として出力が表示されます。

Excelの数式には、次の種類があります。



タイプ

説明



数学演算子(+、-、*など)

例:= A1 + B1

A1とB1の値を追加します

値またはテキスト

例:100 * 0.5の倍数100x 0.5

値を取り、出力を返します

配列c ++のソート

セルリファレンス

例:= A1 = B1

A1とB1を比較してTRUEまたはFALSEを返します

ワークシート機能

例:= SUM(A1:B1)

A1とB1に存在する値を加算して出力を返します

Excelの数式を書く:

Excelシートセルに数式を書き込むには、次のようにします。

  • 結果を表示するセルを選択します
  • 最初に「=」記号を入力して、そのセルに数式を入力することをExcelに通知します
  • その後、セルアドレスを入力するか、計算する値を指定できます
  • たとえば、2つのセルの値を追加する場合は、次のようにセルアドレスを入力できます。

数式を入力-Excel数式-Edureka

  • Ctrlキーを押しながら必要なすべてのセルを選択することにより、合計を計算するセルを選択することもできます。


数式の編集:

以前に入力した数式を編集する場合は、ターゲットの数式を含むセルを選択するだけで、数式バーで必要な変更を加えることができます。前の例では、A1とA2の合計を計算しました。ここで、同じものを編集し、数式を変更して、これら2つのセルに存在する値の積を計算します。


これが完了したら、Enterキーを押して目的の出力を表示します。

数式をコピーまたは貼り付けます。

Excelは、数式をコピーして貼り付ける必要がある場合に非常に便利です。数式をコピーするたびに、Excelはその位置で必要なセル参照を自動的に処理します。これは、と呼ばれるシステムを介して行われます 相対セルアドレス

数式をコピーするには、元の数式を保持しているセルを選択し、次のようにその数式のコピーが必要なセルまでドラッグします。

画像でわかるように、数式は元々A3で記述されており、セルアドレスだけを書き留めることなく、B3とC3に沿って下にドラッグして、B1、B2とC1、C2の合計を計算しました。

いずれかのセルの値を変更すると、Excelによって出力が自動的に更新されます。 相対セルアドレス絶対セルアドレス または 混合セルアドレス

Excelで数式を非表示にする:

Excelシートから数式を非表示にする場合は、次のように実行できます。

  • 数式を非表示にするセルを選択します
  • フォントウィンドウを開き、保護ペインを選択します
  • [非表示]オプションをオンにして、[OK]をクリックします
  • 次に、リボンタブから[レビュー]を選択します
  • 保護シートをクリックします(これを行わないと、数式は機能しません)
  • Excelは、将来使用するために数式を再表示するためにパスワードを入力するように求めます

Excel数式の演算子の優先順位:

Excelの数式は、BODMAS(Brackets Order Division Multiplication Addition Subtraction)ルールに従います。角かっこを含む数式がある場合、角かっこ内の式は、完全な数式の他の部分の前に解決されます。下の画像を見てください:

上記の例でわかるように、角かっこで構成される数式があります。したがって、BODMASの規則に従って、Excelは最初にA2とB1の違いを見つけ、次にA1で結果を追加します。

Excelの「関数」は何ですか?

一般に、関数は特定の順序で実行される式を定義します。 Excelは膨大な数の 組み込み関数 これは、さまざまな数式の結果を計算するために使用できます。

Excelの数式は、次のカテゴリに分類されます。

カタゴリー重要な式

日付時刻

日付、日、月、時間など

財務

ACCI、accinto、Dollard、INTRAATEなど

数学と三角法

SUM、SUMIF、PRODUCT、SIN、COSなど

統計

AVERAGE、COUNT、COUNTIF、MAX、MINなど

ルックアップとリファレンス

COLUMN、HLOOKUP、ROW、VLOOKUP、CHOOSEなど

データベース

DAVERAGE、DCOUNT、DMIN、DMAXなど

テキスト

BAHTTEXT、DOLLAR、LOWER、UPPERなど

論理的

AND、OR、NOT、IF、TRUE、FALSEなど

情報

INFO、ERROR.TYPE、TYPE、ISERRORなど

エンジニアリング

COMPLEX、CONVERT、DELTA、OCT2BINなど

キューブ

CUBESET、CUBENUMBER、CUBEVALUEなど

互換性

PERCENTILE、RANK、VAR、MODEなど

ウェブ

ENCODEURL、FILTERXML、WEBSERVICE

それでは、最も重要で一般的に使用されているExcel数式のいくつかを利用する方法を確認しましょう。

最も重要なExcel関数:

ここでは、最も重要なExcel関数のいくつかとその説明および例を示します。

日付:

Excelで最も重要で広く使用されているDate関数の1つは、DATE関数です。構文は次のとおりです。

DATE(年、月、日)

この関数は、指定された日付をMSExcelの日時形式で表す数値を返します。 DATE関数は次のように使用できます。

例:

  1. =日付(2019,11,7)
  2. = DATE(2019,11,7)-7(現在の日付を返します– 7日)

日:

この関数は、月の日の値(1-31)を返します。構文は次のとおりです。

DAY(シリアル番号)

ここで、serial_numberは、取得する日を指定する日付です。これは、DATE関数によって提供される他の関数の結果、またはセル参照など、任意の方法で指定できます。

例:

  1. = DAY(A7)
  2. = DAY(TODAY())
  3. = DAY(DATE(2019、11,8))

Javaでデッドロックを回避する方法

月:

DAY関数と同様に、Excelには別の関数、つまり特定の日付から月を取得するMONTH関数が用意されています。構文は次のとおりです。

MONTH(シリアル番号)

例:

  1. = MONTH(TODAY())
  2. = MONTH(DATE(2019、11,8))

パーセンテージ:

ご存知のとおり、パーセンテージは100の分数として計算された比率です。次のように表すことができます。

パーセンテージ=(部分/全体)x 100

Excelでは、任意の値のパーセンテージを計算できます。たとえば、A1とA2に部分値と全体値があり、パーセンテージを計算する場合は、次のように実行できます。

  • 結果を表示するセルを選択します
  • 「=」記号を入力します
  • 次に、数式をA1 / A2と入力し、Enterキーを押します。
  • ホームタブ番号グループから、「%」記号を選択します

IF:

IFステートメントは、指定された条件が満たされた場合にTrueを返し、条件が満たされない場合にFlaseを返す条件ステートメントです。 Excelには、この目的に役立つ組み込みの「IF」関数が用意されています。その構文は次のとおりです。

IF(logical_test、value_if_true、value_if_false)

ここに、 logical_test チェックする条件です

例:

  • 比較する値を入力します
  • 出力を表示するセルを選択します
  • 数式バーに「= IF(A1 = A2、「はい」、「いいえ」)」と入力し、Enterキーを押します

VLOOKUP:

この関数は、Excelシートの列から特定のデータを検索してフェッチするために使用されます。 VLOOKUPの「V」は垂直ルックアップを表します。これはExcelで最も重要で広く使用されている数式の1つであり、この関数を使用するには、テーブルを昇順で並べ替える必要があります。この関数の構文は次のとおりです。

VLOOKUP(lookup_value、table_array、col_index、num_range、lookup)

どこ、

参照値 検索する値です

テーブル・アレイ 検索するテーブルです

col_index 値を取得する列です

range_lookup (オプション)約TRUEを返します。完全一致の場合は一致し、FALSE

例:

画像でわかるように、指定した値は2で、テーブルの範囲はA1からD4の間です。従業員の名前を取得したいので、列の値を2として指定し、完全に一致させたいので、範囲の検索にFalseを使用しました。

所得税:

給与総額が300ドルの人の所得税を計算するとします。次のように所得税を計算する必要があります。

  • 総給与、給与控除、課税所得、および所得に対する税金の割合を一覧表示します
  • 合計給与、給与控除の値を指定します
  • 次に、総給与と給与控除の差を見つけて課税所得を計算します
  • 最後に、税額を計算します

和:

ExcelのSUM関数は、Excelで指定されたすべての値を加算して結果を計算します。この関数の構文は次のとおりです。

SUM(number1、number2、…)

パラメータとして指定されているすべての数値を追加します。

例:

野菜の購入に費やした金額の合計を計算する場合は、すべての価格をリストしてから、次のようにSUM式を使用します。

複利:

複利を計算するには、FVと呼ばれるExcelの数式の1つを利用できます。この関数は、定期的で一定の利率と支払いに基づいて、投資の将来価値を返します。この関数の構文は次のとおりです。

FV(レート、nper、pmt、pv、タイプ)

レートを計算するには、年率を期間数、つまり年率/期間で割る必要があります。期間数またはnperは、期間(年数)に期間、つまり期間*期間を掛けて計算されます。 pmtは定期的な支払いを表し、ゼロを含む任意の値にすることができます。

cのラウンドロビンスケジューリングアルゴリズム

次の例を考えてみましょう。

上記の例では、5年間10%の割合で500ドルの複利を計算し、定期的な支払い値が0であると想定しています。-B1の意味を使用していることに注意してください。つまり、500ドルが私から取得されています。

平均:

誰もが知っているように、平均はいくつかの値の中央値を表しています。 Excelでは、「AVERAGE」と呼ばれる組み込み関数を使用して平均を簡単に計算できます。この関数の構文は次のとおりです。

AVERAGE(number1、number2、…)

例:

すべての試験で学生が達成した平均点数を計算したい場合は、テーブルを作成し、AVERAGE式を使用して各学生が達成した平均点数を計算できます。

上記の例では、2つの試験で2人の学生の平均点数を計算しました。平均を決定する必要がある3つ以上の値がある場合は、値が存在するセルの範囲を指定するだけです。例えば:

カウント:

Excelのカウント関数は、指定された範囲の数値を含むセルの数をカウントします。この関数の構文は次のとおりです。

COUNT(value1、value2、…)

例:

前の例で作成したテーブルから数値を保持するセルの数を計算する場合は、結果を表示するセルを選択して、次のようにCOUNT関数を使用するだけです。

円形:

値を特定の小数点以下の桁数に四捨五入するために、ROUND関数を使用できます。この関数は、指定された小数点以下の桁数に四捨五入して数値を返します。この関数の構文は次のとおりです。

ROUND(数値、num_digits)

例:

グレードを見つける:

成績を見つけるには、ExcelでネストされたIFステートメントを使用する必要があります。たとえば、平均の例では、テストで生徒が採点した平均点を計算しました。ここで、これらの学生が達成した成績を見つけるには、次のようにネストされたIF関数を作成する必要があります。

ご覧のとおり、平均点は列Gにあります。グレードを計算するために、ネストされたIF式を使用しました。コードは次のとおりです。

= IF(G19> 90、” A”、(IF(G19> 75、” B”、IF(G19> 60、” C”、IF(G19> 40、” D”、” F”))))))

これを行った後、成績を表示するすべてのセルに数式をコピーする必要があります。

ランク:

クラスの生徒が達成したランクを確認したい場合は、組み込みのExcel数式の1つであるRANKを使用できます。この関数は、指定された範囲を昇順または降順で比較することにより、指定された範囲のランクを返します。この関数の構文は次のとおりです。

RANK(参照、番号、注文)

例:

ご覧のとおり、上記の例では、ランク関数を使用して学生のランクを計算しました。ここで、最初のパラメーターは各生徒が達成した平均点であり、配列はクラスの他のすべての生徒が達成した平均です。順序を指定していないため、出力は降順で決定されます。昇順のランクの場合、ゼロ以外の値を指定する必要があります。

COUNTIF:

特定の条件に基づいてセルをカウントするために、「COUNTIF」と呼ばれる組み込みのExcel数式の1つを使用できます。この関数は、指定された範囲で特定の条件を満たすセルの数を返します。この関数の構文は次のとおりです。

COUNTIF(範囲、基準)

例:

ご覧のとおり、上記の例では、値が80を超えるセルの数が見つかりました。criteriaパラメーターにテキスト値を指定することもできます。

インデックス:

INDEX関数は、指定された範囲内の特定の位置にある値またはセル参照を返します。この関数の構文は次のとおりです。

INDEX(配列、row_num、column_numまたは

INDEX(参照、row_num、column_num、area_num)

インデックス関数は、次のように機能します。 アレイ 形:

  • 行番号と列番号の両方が指定されている場合、交差セルに存在する値を返します
  • 行の値がゼロに設定されている場合、指定された範囲の列全体に存在する値が返されます
  • 列の値がゼロに設定されている場合、指定された範囲の行全体に存在する値が返されます

インデックス関数は、次のように機能します。 参照 形:

  • 行と列の値が交差するセルの参照を返します
  • area_numは、複数の範囲が指定されている場合に使用される範囲を示します

例:

ご覧のとおり、上記の例では、INDEX関数を使用して、A18からG20までのセル範囲の2行目と4列目に存在する値を決定しました。

同様に、次のように複数の参照を指定することにより、INDEX関数を使用することもできます。

これで、Excelの数式と関数に関するこの記事は終わりです。私はあなたがあなたと共有されたすべてのことを明確にしたいと思います。 できるだけ練習し、経験を元に戻してください。

質問がありますか?この「Excelの数式と関数」ブログのコメントセクションにその旨を記載してください。できるだけ早くご連絡いたします。

トレンドテクノロジーとそのさまざまなアプリケーションに関する詳細な知識を得るには、ライブに登録できます 24時間年中無休のサポートと生涯アクセス。